HOME > 万兵の人[若手社員座談会]
 

アパレル業界を選んだ理由

藤 井: この業界を選んだ理由からです。
僕はもちろん服が好きだから。でも、好きってだけじゃなくて、自分の長所がアパレル業界で働くうえで武器になりそうだなーと。
   
前 田:
どんな長所?
   
藤 井: 「気付く力、そしてその気付いたことを自分の行動に活かす力」。なんか照れるね(笑)
常に新しい風が吹き続けるアパレル業界では、これって必須じゃない?
   
前 田: なるほど!そうだね。
僕は学生時代からアパレルに興味あって。
兄がアパレル業界に就職しててさ。昔からアパレルに近い環境だったんだよね。
   
大 藤: そうなんだ〜。
   
前 田: そう。で、就職活動でも自然とアパレル業界を見ることが多くなって、トレンドとか流れが速い業界で活躍したいと思って。
   
山 本:

私は服が好きだから、学生時代に服の販売のアルバイトをしてたんだよね。
お客様に商品を提案した時に気に入ってもらえるとすごく嬉しかった。で、働いていくうちに服の生産の流れにも興味が出てきたから。
既存のものより満足していただけるものを作り出したい!と思って。

   
新 美: わかるわかる。
私、小さいころからモノを作ることが好きで、だからファッション文化科という被服科の高校を選んだんだけど、
就活を始めたとき、同じように働くなら自分の好きなことに関係する企業がいいな、と思ってアパレル業界にしたよ。
愛知県って一宮とか長者町に繊維街があるから、繊維系商社やメーカーが多く企業選びに困ることはなかったな〜。
   
大 藤: みんな結構業界絞ってたんだね。
私は特にアパレル業界に絞って就活してなかったんだけど、一般職を志望してて、比較的一般職の募集が多いアパレル業界にたどり着いたというかんじ。
この業界は華やかなイメージがあるから、自分とは縁遠い業界だと思ってて、内定をもらった時は驚いたし、私で大丈夫かな〜って少し心配になった(笑)
   
新 美: 大丈夫大丈夫!
   
金 山: そういう風に選ぶこともあるんだねー。
僕はやっぱり学生時代からファッションに関心があって、就活中に自分で服を企画・販売して、流行を作り上げたい!と思ってさ。
アパレルの中でも商品の変化が激しいレディスアパレルに特に興味があったよ。


当社のみならず、会社説明会前に準備しておくと良かったこと、面接試験等での失敗エピソード

山 本: 次は〜…「会社説明会前に準備しておくと良かったこと、面接試験等での失敗エピソード」
じゃ、私から。
1回会社のホームページを見るだけでも少し知識が入るから、そうすると質問も考えやすいよね。
   
金 山: そうだね。僕も会社のホームページを見ておいて、疑問に思ったことを質問できるようにメモしておいたよ。
   
山 本: そうそう。
説明会で話を聞いているだけだと自分の知りたいことが全て知れるわけじゃないもんね。
質問はたくさんしたほうがいいもんね。そのためには事前に考えておかないと。
   
大 藤: あと、基本中の基本として、説明会に行く前にはきちんと募集要項を確認することが大切。
いざ説明会に行ってみて、「あれ、一般職募集ないじゃん!」ということがたびたびあったんだよね…(笑)
   
新 美: あはは。募集要項大事だね!(笑)
会社のホームページの他にも、その業界の目立ったニュースや近年の動向を調べておいたのもよかったよ。
会社説明の理解がより深まる感じ。
   
前 田: そうだねー。会社説明会は何も知らずに参加するよりも、その会社や業界について少しは下調べをしておくと就活が進めやすいよね。
あと、面接試験でも僕はきちんと準備する派。
面接中は会社に対する想いとか情報とか伝えてさ。そして多少のアドリブ。(笑)
準備不足で挑むと自分の納得のいかない面接試験になっちゃう。
   
新 美: 私は面接はどっちかっていうと準備して失敗〜。
準備していた言葉を言おうとすることに気を取られて、面接官の方からの質問とかみ合わない返答をしたことがあるもん。
落ち着いて「会話」を心がけることが大切だなと思ったよ。
   
山 本: ほんと!自己PRとか全て暗記しようとしたけど忘れてちゃうんだよね…。思い出すのに一生懸命で感情がこもらなくなっちゃう。
   
大 藤: 私も履歴書を丸暗記して挑んだら、自己PRを途中で度忘れしちゃった!
焦って言葉に詰まっちゃって。落ち込んだよ〜。
それからは丸暗記はやめて、ポイント以外はその場のノリで話すようにしてた。
   
金 山: そうそう。面接時は緊張するもんね〜。
緊張で質問に上手く答えられない時があったから、とにかく平常心でいることが大切。
難しいけど(笑)
   
藤 井: 僕は自分を見直すってことが大事かなと思ったよ。
今までの自分の人生と真剣に向き合ってさ。自分の人生がどんな線を描いて、その間にどんな人出会って、どんなことをしてきたのかを、深く見つめ直すことが一番だと思う。
藤井 良介
 
山本 彩絵
 
前田 真幸
 
大藤 ひかり
 
金山 泰斗
 
新美 榛菜


就職活動中の自己PRの仕方

新 美: じゃ、次はみんな大変だった自己PRの仕方。
私、華々しい経歴とかなかったから面接での自己PRには本当に苦労したよ。
で、そのことを就職支援の先生に相談したら「正直に真面目に考えられるところは長所じゃない?」といわれて。
いくらでも誤魔化せることをそうしようとしなかったから、そう言ってくださったんだけど、それ以来は正直さや真面目さをアピールするようになった。
   
大 藤: 長所短所って、自分より周りの人のほうが見えてたりするもんね。
私も自覚している長所より、人から褒められたところをPRしてた。
その中から3つキーワードを決めて、企業ごとに少しずつエピソードを変えたりしてたよ。
   
前 田: へぇ〜。ちなみにどんなことアピールしてたの?
   
大 藤: ありのままの自分を評価してもらおうと思って、あいさつがきちんとできる、とかの超基本的なところを主にアピールしてたかな。
平凡なPRだけど、どの企業でも案外受けは良かったよ。
   
金 山: うんうん。
特別なことをアピールする必要は全くなくて、自分が伝えたいことをありのままPRするのがいいよね。
無理に良く見せて内定をもらったら入社後が大変じゃない?
キャラ作りはしないほうがいいと思う(笑)
   
藤 井: 僕は自分が学生時代にやってきたことを例に出して、長所をPRしてたよ。
何をPRするか考えたことは「100人いて自分しかできないことは何だろう」ってことかな。
自分にしかできないと思ったことをPRに使えば、きっと他の学生との差はでるはずだもんね。
   
山 本: やってきたことねー。
私は留学の経験をエピソードに交えて、自分の決めた目標に向けて一途に努力を積み重ねる人間です!ってPRした。
理由をちゃんとつけてると説得力増すよね。
具体的な話を詳しく説明することで相手にも伝わりやすくなると思うし。
   
前 田: 結局自分を知ることだよね。
自分が思う強み・弱みを把握してさ。友達に自分について聞いたりしると、改めて自分を理解することができたよ。
僕も学生時代に培ってきた強みをエピソードにして他には負けないという思いを自己PRとしてきたね〜。
今までどう頑張ってきたのかを伝えるのって重要だと思う。


現在就職活動中の後輩へアドバイス
山 本: 最後に「現在就職活動中の後輩へのアドバイス」。
じゃあ、これは順番に。
学生にとって就職活動は、自分が働きたいと思う会社に出会う大切なものですが、企業側は会社に合う人を選ぶ機会だと思います。
自分でこうと決めつけてしまわず、幅広く見ていくのも大切だと思います。大変なこともあると思いますが、適性が合うところに縁があると思うので、自分に自信を持って頑張ってください。
   
大 藤: 就職活動お疲れ様です!私は、就職って縁だな〜と思っています。この会社に内定を貰ったときには、正直「思いもよらぬところから内定出たな…」と思いましたが、いざ入ってみると自分の理想にかなり近い会社でした。落ち込むこともたくさんあると思いますが、あまり思い悩み過ぎず気楽に縁を探してみてください!
   
新 美: 事務職は採用開始時期が遅く、周りの子達がどんどん総合職の内定をもらっていくなか、ようやく説明会開始、何てこともあります。すごく焦りますが、その分長い準備期間で筆記テストや面接対策をしっかりやっておけば、本番の緊張がほぐれます。そのとき出来ることをこつこつとやっていくことが就活の一番の近道だと思います。
   
藤 井: 就職活動は、とても大変な活動です。私は、恐らく学生生活で一番辛い期間が就職活動の期間だったと思います。しかしその反面、就職活動の期間にしか考えられなかったことがあります。それは今まで自分がやってきたことと、今まで出会ってきた人のおかげで、今現在の自分がいるということです。そのことに再認識できおかげで、今自分の希望通りの会社で成長出来ています。
だから、自分の過去から目をそむけずに思いっきり、思い出してください。
   
前 田: 業界・会社の情報を得ることは重要だと思います。遅れを取らないためにも、先手を意識した活動を心がけるといいかもしれません。また、筆記試験・面接などの準備も怠らないようにしていくといいです。
準備というのは社会人になった今もとても重要なことだと感じています。
万全な状態で挑んでください。
   
金 山: 様々な業種の説明会に参加するべきだと思います。
その中で自分が興味を持った業界のことを調べて、実際に働いている姿をイメージしてみるといいと思います。











Copyright : MANHYO Co.,Ltd. Allrights reserved.
460-8616
名古屋市中区錦二丁目12番14号
TEL:052-231-7201 FAX:052-231-7445